歌名:ひだまりの诗
作词:水野幸代 作曲:日向敏文
歌手:藤田惠美

逢えなくなって どれくらいたつのでしょう
出した手纸も けさボストに舞いもどった
まどべにゆれる 目をさました若のように
长い冬を越え 今でろきづくなんて

どんなに言叶にしても足りないくらい
あなに爱してくれた すべてつづんでくれた
まるで ひだまりでした

菜の花もえる 二人最后のフォトフヲフ
「送るからね」とやくそくは たせないけれど
もしもいまなら 优しさもひたむきさも
りょろてにはは"ねて とどけられたのに

それぞれ别々の人 好きになっても
あなたのごしてくれた すべて忘れないで
谁かを爱せるように
ひろい空の下 二度とあえなくても生きてゆく
こんな私のこと心から
あなた爱してくれた すべてつづんでくれた
まるで ひだまりでした

あなた爱してくれた すべてづづんでくれた
それは ひだまりでした

NANA 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()